知床海岸ヒグマクルーズ

地元漁師さんの小舟で知床半島先端部を巡り、海岸のヒグマを観察撮影します。

安全かつ最も確実にヒグマを観察撮影できるツアーです。5~6月は、ヒグマが急斜面の植物を食べていることが多く、船との距離は100m程度のことが多くなります。写真撮影には、やや遠めですが、双眼鏡で目線や手の細かい動きを観察するには十分な距離です。8~9月にはヒグマは海岸線に長い時間滞在し、カラフトマスを捕りに湾内を泳ぐこともあります。船は、樋具あから100m程度の距離に停船しますが、餌を探すヒグマがさらに近くまで移動してくることもあります。撮影は常に船の上からとなります。よほど風の弱い日以外は、揺れのため三脚がうまく使用できません。手持ち可能な500㎜か600㎜程度の望遠レンズとAPSボディー、あるいは4000万画素以上のフルサイズボディの組み合わせがお勧めです。

Slider

運行情報は未定です。